スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国はどのように発展するのか?

インド、アブダビ、イスタンブール、アテネと旅行することで、
国の経済発展の過程を少し考える機会を得ました。

今まで考えたことがなかったので、稚拙ですが最初のステップ
として考えてみたいと思います。

インドのデリー国際空港からタクシーに乗りながら、最初に感じたことは、
「なんだインドの空港や道路も日本と変わらないなあ」ということでした。
ところが空港から少し離れると、「あらまあ」というような発展途上の
光景が目に入ってきます。

なんだこれは?よくこんなところにこんな空港やら道路を作ったもんだなあと
素直に関心しました。同時に「これは確かにいち企業が作れるレベルではない」
なるほどこれが政府の役割かと、シンプルに関心しました。

国が発展する過程では、以下のようなステップが繰り返されるんですね。
1. 政府がまずインフラに投資する
2. 国内の起業家か外資企業が、インフラを活用して事業を運営し収益を上げる
3. 法人、個人から税収が発生し、それが再投資される

この過程で行うべき政府の役割は、色々ありますね。

1. 物理的なインフラ投資(空港、道路、エネルギー、通信インフラも含む)
○ 最初はお金がないから海外から資金調達
○ 最も税収増につながりやすいインフラ整備から投資していく

2. インフラを活用した税収増に向けて、新規事業が起こり発展する環境整備
○ 人材の育成(これが教育の役割ですよね)
  ― 起業家と従業員の両方
○ 外資誘致を促す、法律などのソフトインフラの整備
  ― 税制、規制緩和など
○ 社会の中長期の安定性を担保するその他の制度
  ― 持続可能な社会福祉、環境、衛生などの制度ですかね

でも要は、税収を投資して、新たな税収を作りだすことを長期持続的に
繰り返すことなのだと思います。

上記を考えるだけでも、日本において、今更、1の道路やらの物理インフラに投資
するのは中長期の視点で見ると、タダの無駄遣いですよね。
○ なぜなら、新たな税収増にほとんどつながらないからです。
○ 恐ろしいくらいに、新たな債務増に直結するだけです。

現時点では、2の既存インフラを活用して如何に収益を上げる事業体を作りだすか?
が重要な気がします。結局これは、外資誘致や起業家人材育成に直結する話で、
○ 海外から優秀な人材や企業を引き付ける仕組みづくりや、
○ 国内の人材を育て、起業を促す仕組みづくり
が中長期では必要なのでしょうね

またここ20年、経済活動が容易に国境を越え始めたので、
○ 世界レベルの視点で見た時に、
○ 日本で行うことが最適になる産業を選び/作り出さないとダメ
になりつつあるのが、問題を格段に難しくしてくれた気がします。

一般的なインフラ投資で国が発展するステージはとっくの昔に終わり、
産業における国家戦略が必要だということだと思います。
○ 昔はコスト優位で勝てたので、どの産業でもある程度は行けたんですがね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

発展していくときには多くの伝統や文化も犠牲になるのかなぁ。
インドを見ていて、発展したときにこの牛たちはどうなるのかね。と思いました。
プロフィール

ThisisthewayIam

Author:ThisisthewayIam
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。