スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の能力と価値

最近クラスメートは、夏のインターン獲得に向け就職活動準備で大わらわです。

私も、適当におもしろそうなJob Postingをチェックしているのですが、
日本の採用案内と比べると、曖昧さがなくシビアに見えます。

一番の違いは、仕事内容と求めている人材・スキルの明確化です。

怖いくらいに大きな違いで、こちらでは「あなたは本当に何ができるのか?」
「この会社で存在価値を出せるのか?」と直接聞かれていることになります。

例えば、アドバイザーという言葉にひかれてチェックした仕事を見ると、

ポジション: グルジアの経済産業省のアドバイザー
仕事の目的: グルジアに対する外国直接投資を増加させる
仕事内容:
1. 見込みのある外国投資家を特定し、コンタクト・交渉する
2. グルジアへの直接投資を増加させうる、法・規制の改正を検討する
3. 現状のグローバルでの国横断の投資のトレンド・ディールを分析する
などなど、他にもう4つくらいあります。

なんかこう具体的に書かれると、
1.「えっ、投資家とかコンタクトして交渉したことないし」
2.「法改正って、やりたいことはわかるが、俺本当に意味あることできるか?」
3.「うーん、まあ調べれば示唆を出せるような気もする、、、。」

という具合に、具体的に「自分は一体何ができるのか?」
「本当に求められている価値を生み出せるのか?」考えざるを得ません。

日本でまだまともに就職活動をしたことがないので、実は同じようなものなのかも
しれません。但し、なんとなく日本はもっと曖昧で、入ってしまえばなんとかなるのでは?という傾向が強い気がします。

グローバル人材として戦うには、「自分がリードして価値を生み出せる明確な何か」がないと、ただの役立たずとして、どこにも採用されないのね(泣)と
今更ながら自分のスキル・能力に対する危機感を抱くのでした。

こういうのは20代前半くらいには認識しておかないと、命取りですね。
はあ、まあ仕方ない、今からがんばります。
スポンサーサイト

初めてのSpeed Dating

初めてシリーズ第4弾です。

昨晩、イギリスでSpeed Datingなるイベントに参加してきました。

要は、男女20人ずつ集まり、ひたすら自己紹介をし合うイベントです。

概要をまとめると、
場所: かなりきれいなクラブ・バーのフロアを貸切
時間: 2時間くらい
費用: 25ポンドかな
参加者: 20~30代前半の男女20人ずつ
ルール: 1人と3分ずつ話して、順番に席を移動し20人の異性全員と話すと
     至ってシンプルです。

あとは好印象のヒトが居れば、イベント後にそのままクラブで話すか、
帰ってネット経由でコンタクトできるサイトが用意されているので、そこを使うか、
てな感じです。

さて、普通はこんなことはブログに書かないのですが、
ポイントは20人のイギリスNativeと会話したという事実です。
正確には3割くらいはイギリス以外出身、3人くらいは何を言ってるか聞き取れずでしたが。

メッセージとしては、英語のハンデが少しずつ改善してきて、活動範囲が
広がりつつあるというのが、初めてシリーズを通して自分で思ったことでした。

語学はただのツールですが、やはり活動・活躍の範囲を大きく左右するという意味で、クリティカルなツールだなあと、実感してます。

ただ、まだまだわからない英語は圧倒的に多いです。
映画・ドラマは半分くらいしかわからず、クラスメートの会話も3~4割わからず。

さて、英語で全く対等に仕事できるように、あと1年半でなるかなあ。

初めての英語テレカン

なんとなく、1月は初めてシリーズで行くことにします。

木曜日の夜に、クラスメートの紹介で、アメリカのHarvard Kennedy Schoolに
通っているルーマニア人とテレカン(要は電話です)しました。

こっちに来てから、銀行や携帯会社の契約関連でコールセンターに何度か
電話しているのですが、ぶっちゃけ英語がわからず、だいぶ電話嫌いになりました。
クラスメートとも電話で話すと、7割くらいしかわからないので、イヤです。

ということで、イヤイヤだったのですが、まあ友達の紹介なので頑張ってみました。

結果は、ブログに書くくらいなので、無事に9割くらい聞き取れました。ふー。

彼はルーマニアの政治を劇的に変えたいらしく、当面は海外で人脈を作り、
後にルーマニアに戻りなんとかして政治家になるというキャリアを描いています。

ただ一番の問題は、現在のルーマニア政治は贈収賄が多く、既存のルートで政治家に
なっても仕方ないので、それ自体を一掃できるようなアイデアが必要なんだと
語っていました。

最近政治関連の話を外国人としますが、ほとんどの国は日本と似たような問題を
抱えていて、国民は現在の政治家・政党にかなり批判的です。

唯一、政府が強いリーダーシップを発揮して成功している国で、私が知っているのは
今のところシンガポールくらいです。

日本にも早く新しいまともな政治家のリーダーが誕生してほしいものです。

初めてのまともなプレゼンテーション

昨日、ジャパントリップの説明会と称して、60人くらいのオーディエンスに
英語で30分弱プレゼンしました。

先週のクライアントミーティングで気をよくして、
「英語プレゼンもできるんじゃない?」
と思い、「やりたい」と言ってみたのがきっかけです。

スライドは50枚強あるのですが、何度もリバイズしていたので、スライドなしでも
30分間話せるくらいにはストーリーは頭に入っていました。
また、頭の中で話すと、それなりに英語が出てきたので、行けると思ったわけです。

ところが、前日夜に部屋で声に出してプレゼンしてみると、かなり悲惨なことに。
34分かかり、かつ50回くらい英語が出てこなくて止まるという、
「聞くに堪えない」プレゼンでした。
早急に、バイリンガルの友人に電話して泣きつこうかと思うくらい、悲惨でした。

結局、英語を話すのには、英語で考えて、それを口で音にして出すのですが、
前者の英語で考えるだけでなく、後者の口で英語の音を出すところも意外と
ボトルネックなんだなと気づきました。
うーん、まだまだシャドウイングが全然足りないなあと、深く反省。

ということで翌日早朝から図書館で再度2回くらいトライ。あまり結果は変わらず。
しかも少し緊張していたせいか寝つけず、3時間睡眠のため眠いし、、、。
でも別にうまく話せなくてもたいして困らないと言えば困らないので、
そのまま本番になだれ込みました。

本番は、高い集中力のおかげか練習に比べるとはるかにましで、
自分でも大満足のデキでした。
今の自分の英語レベルではほぼベストのプレゼンです。Good Jobです。
しかも話ながら、相手の反応も感じていたので、意外と冷静だったんだなあと
振り返って思います。

でも、ほとんどオーディエンスの目は見なかったので、次はもう一段、
相手とのコミュニケーションを意識したプレゼンにせねばと思いました。

いずれにしても、悲惨な結果には終わらず、一安心です。

次は2月のケースコンペティッションでプレゼンをトライしてみたいです。

初めてのクライアントミーティング

だいぶブログが滞り始めました。最近忙しいです。

先週の金曜日に、イギリスで初めて企業の人とミーティングしてきました。
学校の授業で組織行動論なるものがあり、その一環で企業に組織関連の課題に関する
コンサルをすることが課せられてます。

うちのチームもCold callやコネやらを使い、複数企業にアクセスした結果、
漸くクライアントになりそうな企業を見つけました。

家具全般を新居・マンションにパッケージとして提供するサービスの会社です。
社員数120人で、急成長しているとのことです。
確かに、日本ではすべて自分で選んで買って、備え付けてもらってるんでしょうが、
この会社はデザインもやっているので、あっというまにクールなデザインの家具一式が自分の家に備え付けられるのは、結構良いサービスな気がします。

そんなこんなでプロジェクトのスコープを議論するミーティングを行いました。

結局、10分くらいプレゼンして、1時間半くらい議論しました。

クライアントはアメリカのMBAを出ていて、アメリカ英語かつ少しゆっくり話してくれるので、無事ほとんど聞き取ることができ、それなりにメモも取ることができ、
「まるでわからん」という最悪の事態を回避できたので、一安心でした。

英語でプレゼンして、議論のファシリテーションを外部の人に対してするのは初めての経験だったので、特に大きな支障なくできたのは、自分の中ではささやかな喜びです。これからクライアントインタビューもたくさんあるので、楽しみです。
(授業よりこっちの方が楽しいなあと、思ってしまいました)

国はどのように発展するのか?

インド、アブダビ、イスタンブール、アテネと旅行することで、
国の経済発展の過程を少し考える機会を得ました。

今まで考えたことがなかったので、稚拙ですが最初のステップ
として考えてみたいと思います。

インドのデリー国際空港からタクシーに乗りながら、最初に感じたことは、
「なんだインドの空港や道路も日本と変わらないなあ」ということでした。
ところが空港から少し離れると、「あらまあ」というような発展途上の
光景が目に入ってきます。

なんだこれは?よくこんなところにこんな空港やら道路を作ったもんだなあと
素直に関心しました。同時に「これは確かにいち企業が作れるレベルではない」
なるほどこれが政府の役割かと、シンプルに関心しました。

国が発展する過程では、以下のようなステップが繰り返されるんですね。
1. 政府がまずインフラに投資する
2. 国内の起業家か外資企業が、インフラを活用して事業を運営し収益を上げる
3. 法人、個人から税収が発生し、それが再投資される

この過程で行うべき政府の役割は、色々ありますね。

1. 物理的なインフラ投資(空港、道路、エネルギー、通信インフラも含む)
○ 最初はお金がないから海外から資金調達
○ 最も税収増につながりやすいインフラ整備から投資していく

2. インフラを活用した税収増に向けて、新規事業が起こり発展する環境整備
○ 人材の育成(これが教育の役割ですよね)
  ― 起業家と従業員の両方
○ 外資誘致を促す、法律などのソフトインフラの整備
  ― 税制、規制緩和など
○ 社会の中長期の安定性を担保するその他の制度
  ― 持続可能な社会福祉、環境、衛生などの制度ですかね

でも要は、税収を投資して、新たな税収を作りだすことを長期持続的に
繰り返すことなのだと思います。

上記を考えるだけでも、日本において、今更、1の道路やらの物理インフラに投資
するのは中長期の視点で見ると、タダの無駄遣いですよね。
○ なぜなら、新たな税収増にほとんどつながらないからです。
○ 恐ろしいくらいに、新たな債務増に直結するだけです。

現時点では、2の既存インフラを活用して如何に収益を上げる事業体を作りだすか?
が重要な気がします。結局これは、外資誘致や起業家人材育成に直結する話で、
○ 海外から優秀な人材や企業を引き付ける仕組みづくりや、
○ 国内の人材を育て、起業を促す仕組みづくり
が中長期では必要なのでしょうね

またここ20年、経済活動が容易に国境を越え始めたので、
○ 世界レベルの視点で見た時に、
○ 日本で行うことが最適になる産業を選び/作り出さないとダメ
になりつつあるのが、問題を格段に難しくしてくれた気がします。

一般的なインフラ投資で国が発展するステージはとっくの昔に終わり、
産業における国家戦略が必要だということだと思います。
○ 昔はコスト優位で勝てたので、どの産業でもある程度は行けたんですがね

人はなぜ旅行するのか?

3週間ほど旅行してきて、ぶっちゃけ後半は少し飽きてしまいました。
日本に居る時は、Lazyかつ忙しかったので旅行しなかったため、ロンドンでは
張り切って旅行しようとした衝動の結果です。

なぜ、旅行するのか?を考えずに、ミーハーに旅行したみたのですが、
今回は、ちょっと自分にとっての旅行の価値を考えてみたいなと思います。

人はなぜ旅行するのか?おもいつくままに羅列してみます。
(みなさんのご意見も頂戴できると幸いです)

1. 現実逃避できる
○ 特に海外に行く時は、空港でわくわくしてきます。
○ 日常生活のしがらみから逃れ、非日常を味わうのはリフレッシュになりますね

2. 大自然、遺跡・建造物、博物館、美術館などに興味がある
○ 多くの観光客が訪れる観光スポットとして、世界中にありますよね
○ 大自然は好きです。感動します。
○ 遺跡は3つくらい見ると、正直もういいやあと思っちゃいます
○ 博物館、美術館は見てもよくわかりません

3. おいしい/めずらしい食にありつける
○ 食事も旅行の重要なパートを占めますよね
○ だがしかし、東京で食べるものは概ね、もっとうまい気がする

4. ショッピング
○ お財布のひももゆるみがちなので、楽しく買い物できてしまう
○ また現地のマーケットなどでは、珍しいものや日本に比べて安いものが見つかる

5. ちょっとした異文化体験が好き
○ 異文化でかつ知らない場所に行くと、ちょっとしたハプニングに想像します
○ こういうちょっとしたドキドキが好き?

6. 単純にリゾートでゆっくりしたい
○ きれいな海のプライベートビーチで、まったりと海水浴/日光浴をする
○ 5 Starts Hotelに泊まれば、優雅な一時を過ごせます

7. 見聞が広がり、視野が広がる気がする
○ ちょっとした学習ですね。効果がわかりにくいですが、、。

8. 単純な未知への好奇心
○ 行ったことがない所へ、行ってみたい

私の場合、現時点で正直に述べると、1と6と8がメインだなあと思いました。
あとは2の大自然は、好きな気がします。

ただ世間のツアーでは、遺跡・建造物、博物館、美術館の占める割合は高いですよね。

ということで、どうやったらあれをもっと楽しめるようになるのだろうか?と考えて、
旅行中にネットで調べてみました。きっと知らないからおもしろくないのだと信じて。
○ 訪問国の歴史や、
○ 建築様式であるバロック式、ロココ式やら、
○ 絵画様式の、写実主義、印象主義やらを

ですが、、、、、簡単には理解できません。
きっと積み重ねが大事なので、もう少しトライしたいなあと思います。

新年最初のインプット

アテネで1月1日に朝起きて、とりあえずSteeve Jobsのスピーチを見てみました。

世に言う有名な、Stanford Commencementのスピーチです。
過去にも見たことはあったのですが、今回初めて中身をきちんと理解しました。
うーん、英語力アップの成果です。ナイス!

キャリアに今後も悩み続けるであろうMBA卒業生には、もってこいの内容かと。

大きく3つ+αのメッセージを送ると言っています。
(以下、私がメッセージだと解釈した部分の抜粋です)

1. Connecting dots
you can't connect the dots looking forward. You can only connect them looking backwards, so you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something--your gut, destiny, life, karma, whatever--because believing that the dots will connect down the road will give you the confidence to follow your heart, even when it leads you off the well-worn path, and that will make all the difference

2. Keep looking, don't settle
Your work is going to fill a large part of your life, and the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work, and the only way to do great work is to love what you do. If you haven't found it yet, keep looking, and don't settle. As with all matters of the heart, you'll know when you find it, and like any great relationship it just gets better and better as the years roll on. So keep looking. Don't settle.

3. Don't be trapped by dogma
Remembering that I'll be dead soon is the most important thing I've ever encountered to help me make the big choices in life, because almost everything--all external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure--these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important. Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose.
Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma, which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice, heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

α. Stay hungry, Stay foolish

よくよく見てみると、言い方を変えているだけで、メッセージは一つだと思います。

自分の心の声を信じて、自分が本当に追及したいキャリアを突き進めと!
1. 後に振り返ってみれば、その時々の経験はすべて成功の布石になり得る
2. 仕事は人生の大きな部分を占める。必ず自分が本当にやりたいことは見つかる。
   あきらめるな、探し続けろ
3. 世間の価値観に流されるな。明日死ぬと思えば所詮世間の評価は二の次なのだから

みたいなことだと思います。

写真

皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

旅行で数百枚は写真を撮ったのですが、なんかたいしておもしろくないです。
写真を撮るのほぼ初めてなんですが、難しいことがよくわかりました。
何枚か載せてみます。

1. ドービーカート@インド

インドの下町みたいな場所に、洗濯を専門の行う地域がありまして、その写真です。
近年は洗濯機の普及により、その数量は減ってきているようです。
後10年もすると、激減する可能性ありです。
インドのドービーカート

2. ゴールドの自動販売機@アブダビ

アブダビのエミレーツパレスという7つ星?ホテルのロビーに設置されてました。
意味不明な自動販売機があるもんだなと。


3. シェイクザイドモスク@アブダビ

これもアブダビの有名なモスクのようです。



4. ラクダと私@アブダビ



5. モスク(名前忘れました)@イスタンブール


6. パルテノン@アテネ



7. 食肉市場???@アテネ

道に迷ったらぶち当たりました。個人的には観光名所よりおもしろい光景でした。



3週間旅行したのですが、後半イスタンブールくらいからは旅行に疲れてきて、
写真の枚数も激減しました。私には旅行は2週間くらいがちょうどよいようです。
プロフィール

Author:ThisisthewayIam
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。