スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資本主義の次の時代

私の上司の論点ですが、今日たまたま思い出しました。

JICAのスピーチの後に、開発専攻の学生と話をしていて、「今の若い日本人の中で社会貢献がブームになっているのは、ある程度金銭的には満たされ、次の欲求の矛先が必要だからという意見を聞きました。

本当にそうか?とは思いましたが、要は金銭的価値以外のことに、大きな価値を置く人たちが有意に現れてきているということは事実なんだろうなとは思います。

資本主義は、金銭的価値を原則とした社会だと思っています。

でも、実際は多くの人が少なくとも10%くらいは社会貢献したいと思っており、全員の10%を実際に形にできる仕組みがあれば、人類は大きく変わるだろうなと思います。
現状はこれをうまく形にする仕組みがなく、結果として金銭的価値を原則とする資本主義が蔓延しているんだろうなと。

そして、その仕組みを作るというのは、結局資本主義の次に来る、「金銭的価値と社会的価値の両方を織り込んだ新しい指標に基づく新しい主義」なんだろうなと。

過去、経済援助という名でINPUTは続けられていますが、OUTPUTが計測されないため、それほど大きな価値を生んでいません。少なくとも同量のINPUTで圧倒的に大きなOUTPUTを生み出せると現場にいる人たちは思っています。

資本主義の次が見つかった時には、上記の課題も解決するような気がします。
スポンサーサイト

多様性 VS 一様性

ロンドンに来て、初日に思ったことですが、地下鉄があまりきれいではありません。
なぜ日本はきれいなのに、ロンドンはきれいではないのか?と考えてみました。

勝手な仮説ですが、多様な人種が混じると一定レベルを担保するのが難しいのだろうと思います。
1. まず衛生やら”きれい”に対する感覚が、もともと異なる
2. さらに教育、生活環境などのバックグラウンドが異なる
3. 結果として、一定の規制を設けても、従う/従わないのバラつきが激しいのだと思います。

たぶんモノづくりの品質にしても、同じことが当てはまるのだろうなと思いました。
日本人は一様性+もともとの気質で、モノづくりで秀でることができたのかなと。

一方で多様性は、一様性では達することのできないアウトライヤーを生み出すことができそうです。
よりユニークなアイデアを出すには、多様性が有利そうです。

自分の強みもよくわかっていませんが、日本は何を強みに今後の発展を目指すのか?を考えながら
多様性の中に身を置きたいと思います。

P.S. LBSは60か国くらいから生徒があつまってますが、ある種似た人間が集まっています。
発展途上国のクラスメートと話しても、農村部やスラムのことはあまり知りません。
彼らとは住む世界が違うから、交わったことがほとんどないんだ!という感覚を持っているように感じます。
みんなそれなりにお金持ちの家に生まれインターナショナルな環境で育った人ばかりだからですね。
プロフィール

ThisisthewayIam

Author:ThisisthewayIam
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。